忍者ブログ

競馬で勝つ為の必勝予想法

競馬予想会社や必勝法、口コミデータを駆使し、競馬で勝つ為の極意を伝授!雨にもマケズ、風にもマケズ、競馬で勝つ為の必勝予想法を命を懸けて追求していきます!

≪PR≫ 競馬予想会社に求める3つのこと

1、当たる
2、稼げる
3、勝ち続けれる

この条件を満たした会社を探しに探した結果、3つの競馬会社に辿り着く!
必見!
↓↓↓↓↓↓↓
>>ほんとにあった!つかえる競馬予想会社!<<
   

中山記念のコースを解析!

中山競馬場の芝1800Mコース解説

今日は中山競馬場で行われる中山記念のコースを見ていきましょう。

中山芝1800M
中山芝1800Mコース

スタート地点は正面スタンド前直線の半ば。ゲートオープン後、すぐに急坂が待ち構えている。最初の1コーナーまでの距離は約205m(Aコース時)。1~2コーナーの中間までは上り坂。その後は内回りコースに入り、向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっている。最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。なお、仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。

1コーナーまでの距離が短いことと、上り坂がスタートである要素があるため、展開が定まりにくい。メンバー次第でもあるが、ハイ・ミドル・スローあらゆるペースになりうる。特徴的なのは後半3ハロンの平均がクラス別であまり差がないこと。上がりの競馬にはなりにくいことを示しており、序盤から中盤のペースがクラスの差に直結してくる。特に重賞は古馬G2の中山記念と、3歳牝馬限定G3のフラワーCとでは、勝ちタイムが大きく違うので注意が必要だ。

枠順は内枠が有利。逃げ、先行馬が残りやすいコースであり、主導権を握りたいという馬にとっては内枠は大きなアドバンテージ。中盤のペースが厳しい前掛かりの展開になると、後方からの追い込みも決まるが、差し馬が上位を独占するようなケースはまれ。好位からの抜け出しがベスト。また、右回りのローカル競馬場芝1800mに通じるコース適性が要求され、脚質を問わずこの距離で実績がある馬がよく走る。このコースを得意とする巧者の馬が出現しやすい。

種牡馬成績はロベルト系のタニノギムレット、シンボリクリスエス、ブライアンズタイムが好成績。ミスタープロスペクター系ではキングカメハメハ、ウォーエンブレムが好調。ヘイロー系も来るが主流血統は全般的に回収率が低い。ノーザンダンサー系のキングヘイロー、ロックオブジブラルタルなどの一発に注意。

やっぱり注目はトゥザグローリーですよねぇ。各新聞社もこぞって押してますが、先日のトランセンドの件もありますしね・・・・。もう少しじっくり考えてみます!

明日は出馬表と前日のオッズを見ながら中山記念の個人競馬予想を書いていきたいと思います!

拍手[0回]

  
PR

競馬予想サイトの口コミ

競馬予想サイト大丈夫??
日本最大の口コミサイトウマコム

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
馬二郎
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1987/07/26

バーコード

ブログ内検索

忍者アナライズ

アクセス解析

PINGOO!!

Copyright ©  -- 競馬で勝つ為の必勝予想法 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / material by DragonArtz Desighns / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]