忍者ブログ

競馬で勝つ為の必勝予想法

競馬予想会社や必勝法、口コミデータを駆使し、競馬で勝つ為の極意を伝授!雨にもマケズ、風にもマケズ、競馬で勝つ為の必勝予想法を命を懸けて追求していきます!

≪PR≫ 競馬予想会社に求める3つのこと

1、当たる
2、稼げる
3、勝ち続けれる

この条件を満たした会社を探しに探した結果、3つの競馬会社に辿り着く!
必見!
↓↓↓↓↓↓↓
>>ほんとにあった!つかえる競馬予想会社!<<
   

フェブラリーステークス出馬表&追い切りタイム

トランセンド臨戦態勢整う

フェブラリーステークスの枠順が決定しましたね!注目のトランセンドは大外枠の15番。東京競馬場のダート左1600Mは芝スタートで、内と外では芝を走る距離が異なるのが特徴ですね。一般的には外枠の方が有利と言われていますが、芝でのダッシュが苦手な馬にはちょっと厳しいです。さぁそれでは早速出馬表と各馬の追い切りタイムを見ていきましょう。

フェブラリーステークス出走馬の追い切りタイム

トランセンド、ワンダーアキュートの追い切りがいいですねー。この2頭を軸に馬券を買ってみるかなぁ。

更に今回芝からのダートへの参戦馬がなんと3頭!スマイルジャック、ライブコンサート、グランプリボスですね。どの馬も芝での実績がある馬なので、ダートでどういった走りを見せてくれるか楽しみです。個人的に芝→ダート組は先日もお話したグランプリボスに注目ですね。

それでは各馬の調教師の1週前コメントを見てみましょう。

ナイキマドリード(川島正調教師)「前走は指示通りの控える競馬。乗り役がうまく抑えてくれて、最後はいい感じで伸びてくれた。相手は強力だが、闘争心が出て以前のように渋々と伸びる面が消えたし、今の充実ぶりなら、内心楽しみにしているんだ」

タガノロックオン(松田博調教師)「腹回りが立派なのはダート馬特有のもの。段々とそういう体形になってきたんだろう。好不調の判断はつきにくいタイプだが、ここ目標で乗り込みは順調。太いと思っていた師走Sが完勝。意外性があるんだ。そこに期待」

シルクフォーチュン(堀添調教助手)「今週は水曜日にゲートを通し、金曜日は15―15を。状態はいいですし、南部杯からも距離の心配はありません。あとは展開が嵌まってくれるかどうかでしょうね」

スマイルジャック(芝崎調教助手)「オーナーサイドの意向で急きょここへ。前走は競馬をしていないので疲れもないし、獣医の診断でも特に異常は見られませんでした。走りからダートはこなしてくれそうですが、さすがにG1で一線級相手となると分が悪そう。強気にはなれませんね」

ヒラボクワイルド(大久保調教師)平安ステークスの勝馬ヒラボクキングが出走予定でしたが、左後脚の蹄を痛めフェブラリーステークスを回避。ヒラボクキングの回避により繰り上がり出走となりました。調教師のコメントなし。

ケイアイテンジン(白井調教師)「本来は根岸Sを使う予定だったが、賞金面の問題で1200mの前走を使ってここに向かう形になってしまった。賞金を加算できたが、やはり理想は本番に近い東京1400mという条件を使ってから臨みたかった。ただ、一昨年に4着にきているわけだし、1600mでも問題はない」

ヤマニンキングリー(河内調教師)「前走は4角で手応えが怪しくなっていた。大井の砂が深いダートでは、経験差が出てしまったよう。歳を取ってズブくなったのか、最近は攻め馬で動かないけど、ここ目標で乗り込みは順調。東京1600mはスタート地点が芝だから、流れに乗りやすいだろう。変わり身を期待」

セイクリムズン(佐合調教助手)「2月8日の動きは上々だった。前走のダメージはなく、鞍上も2回目になるから、この馬の力は発揮してくれるはず。マイルは微妙に長い感じはするが、うまくタメが利けば」

エスポワールシチー(安達調教師)「中間の乗り込みは順調。今回は中3週、それに東京への輸送があるので、体は絞れてきそう。既に7歳。年齢的なものか、最近は前を追いかける闘争心が薄らいできましたから、距離を詰めることがプラスに出てくれれば」

ワンダーアキュート(佐藤正調教師)「前走はあと一歩だったが、連戦連勝のスマートファルコンにハナ差にまで迫ったんだからね。関東へ輸送すると、常にイレ込みがネックになっていたが、ホライゾネットを着けた前回はマシだった。その点でも収穫があったと思う。1週前は上滑りする馬場にかかりがもうひとつだったとか。でも時計は悪くなかったしね。体にはまだ幾らか余裕があるが、直前にやればちょうど良くなるのでは」

ダノンカモン(池江寿調教師)「根岸Sでは馬込みを捌くのに少し躊躇するところはあったようだが、調教でもいつもと違って相手に並びかけるまでモタモタしていたし、いかにも久々という感じだった。もともと叩いてここが目標。1週前は単走で追い切ったが、反応は良かったし、息の入りも良くなっている。動きは明らかに上向いているので、上積みは十分に見込めるだろうね。相手に並んでから気性面での課題はあるけど、もうひと押しが利けば」

ライブコンサート(白井調教師)「前走は外枠やペースなど、条件が整わなかった。具合は悪くないし、まだ衰えも感じない。昨年のフェブラリーSは内で追いづらい形になって、不完全燃焼だったが7着にきていた。今年もノーチャンスだとは思っていないよ」

グランプリボス(渋田調教助手)「昨秋の2戦は調教でもラスト1Fがタルくなっていたように、攻めと実戦が結びつくタイプなんです。阪神カップでようやくらしさを見せてくれましたが、その後はノーザンファームしがらきに出して1月27日に帰厩。530Kほどありますし、引っ掛かるほどの凄いパワーを感じます。追い切りでもパワフルで瞬発力を感じました。これが芝のマイル戦なら負けないだろうというぐらいの感触ですが、今回はダートの一線級が相手。適性は感じていますが、こればかりは走ってみないと分かりません」

トウショウカズン(大久保調教助手)「状態は引き続きいいですよ。1Fの距離延長になりますが、立ち回りひとつで克服できるはずです。ただ、前走よりメンバーが骨っぽくなりますからねえ」

トランセンド(安田隆調教師)「前走後も引き続き厩舎で調整していますが、順調にきています。昨年制している舞台ですし、自分の競馬さえできれば何も心配はないと思います。王者として負けられない気持ちで臨みます」

テスタマッタ(村山調教師)「前走は道中折り合いを欠いてしまいましたが、それでも外を回りながら最後まで脚を使っていました。レース後も変わりなく順調にきていますし、一昨年にこのレースで2着があるように能力のある馬。自分のリズムで折り合って運べればチャンスはあると思います」

いやーどこの陣営も気合入ってますね!今回トランセンドに騎乗する藤田騎手ですが、『1鞍入魂!』とまではいきませんが、はやり相当レースを絞ってきていますね。フェブラリーステークスへの意気込みが感じられます!今年1発目のGIフェブラリーステークス凄く楽しみです♪

明日は個人的な競馬予想を書いちゃいます!

拍手[0回]

  
PR

競馬予想サイトの口コミ

競馬予想サイト大丈夫??
日本最大の口コミサイトウマコム

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
馬二郎
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1987/07/26

バーコード

ブログ内検索

忍者アナライズ

アクセス解析

PINGOO!!

Copyright ©  -- 競馬で勝つ為の必勝予想法 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / material by DragonArtz Desighns / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]